Googleスプレッドシート使えるショートカットキー【応用編】

Googleスプレッドシート

ご訪問ありがとうございます。

Googleシートマスターのひろしです。

前回⇒「自動的に連番を振るオートフィルって何?」

今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。

これを知ることであなたは、

  • 便利なショートカットキーを使えるようになります。
  • ショートカットキーを正しく動作させる方法がわかります。

 

 

便利なショートカットキー

内容 Windows 備考
範囲にコピー Ctrl+Enter
ArrayFormula Ctrl+Shift+Enter
シートメニューを表示 Alt+Shift+S
シートリストを表示 Alt+Shift+K Ctrl+Alt+KだとKindle
シートの移動 Alt+↓、Alt+↑ 最初から最後に移動できるので便利
リンクを挿入 Ctrl+K
ショートカットキーの表示 Ctrl+/  間違いあり

 

注意が必要なショートカットキー

内容 Windows 備考
現在の日付を挿入 Ctrl+:(コロン) *メニュー記載ミス;(セミコロン)
現在の時刻を挿入 Ctrl+Shift+:(コロン) *メニュー記載ミス;(セミコロン)
現在の日付と時刻を挿入 Ctrl+Alt+Shift+:(コロン) *メニュー記載ミス;(セミコロン)
上の値をコピペ Ctrl+D 選択したセルの上の値をコピペする
列を選択 Ctrl+Space 列選択時は行番号が反転する
行を選択 Shift+Space 半角モードにする必要あり、行選択時は行番号が反転する
行・列を挿入 Ctrl+Alt+;(セミコロン) ・非選択状態の場合、メニュー表示する
*メニュー記載ミス(=)

 

 

Googleスプレッドシート 使えるショートカットキー【応用編】

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら⇒「Googleスプレッドシート ショートカットキーが即座にわかる方法」

コメント

  1. まえだこういち より:

    突然のコメント失礼します。
    スプレッドシートでGASを使い PDF変換しファイルに保存そしてメール送信をしたが、PDF変換ができずHTML形式で保存され、閲覧することができません、何か原因がありますか?

    function getInfo() {
    var ssForm = SpreadsheetApp.openById(‘シートID’);
    var sheetForm = ssForm.getSheetByName(‘記入情報’);

    var lastRow = sheetForm.getLastRow();

    var timestamp = sheetForm.getRange(lastRow,1).getValue();
    var companyName = sheetForm.getRange(lastRow,2).getValue();
    var person = sheetForm.getRange(lastRow,3).getValue();
    //var email = ‘メールアドレス’;

    var items1 = sheetForm.getRange(lastRow,5).getValue();
    var items2 = sheetForm.getRange(lastRow,6).getValue();
    var items3 = sheetForm.getRange(lastRow,7).getValue();

    //見積書テンプレート

    var ssQuotation = SpreadsheetApp.openById(‘シートID’);
    var sheetQuotation = ssQuotation.getSheetByName(‘見積’);

    //シートの複製
    var now = Utilities.formatDate(new Date(),Asia/Tokyo,’yyyymmdd_hhmm’);
    var sheetName = now+’_’+companyName;
    var sheetQuotation = ssQuotation.duplicateActiveSheet().setName(sheetName);
    var sheetId = sheetQuotation.getSheetId();
    sheetQuotation.activate();
    //書き込み

    sheetQuotation.getRange(‘A4’).setValue(companyName);
    sheetQuotation.getRange(‘A5′).setValue(person+’様’);
     

    sheetQuotation.getRange(‘A16’).setValue(items1);
    sheetQuotation.getRange(‘d16’).setValue(items2);
    sheetQuotation.getRange(‘e16’).setValue(items3);

    //PDF出力

     SpreadsheetApp.flush();

    var url = ‘https://docs.google.com/spreadsheets/d/シートID/exportFormat=pdf&gid=0’.replace(‘SID’,sheetId);

    var token = ScriptApp.getOAuthToken();
    var response = UrlFetchApp.fetch(url,{
    headers: {
    ‘Authorizatin’: ‘Bearer’+ token
    }
    });

    var date = Utilities.formatDate(new Date(), ‘Asia/Tokyo’, ‘yyyymmdd’);
    var blob = response.getBlob().setName(date+’_’+companyName); //+’.PDF’

    var folder = DriveApp.getFolderById(‘保存先ID’);
    var file = folder.createFile(blob);

    var to = ‘メールアドレス’;
    var subject = ‘terut’;
    var body = ‘fff’;
    var options ={
    attachments:[file]
    };

    GmailApp.sendEmail(
    to,
    subject,
    body,
    options

    );

    }

    教えていただけませんか?

    • hiroshi より:

      一気にやろうとせず、
      まずは、PDFファイルを出力する
      ところだけを切り出して
      やってみるといいです。

タイトルとURLをコピーしました