【GAS基礎講座 1. 】初めてのGAS セルの値を操作する

基礎講座

GAS基礎講座一覧

Googleシートマスターのひろしです。

前回⇒「初めてのGASとにかく使ってみる」

GAS触ってみていかがでしたか?

今回は、さらにスプレッドシート内の
セルの値を操作してみたいと思います。

これを知ることであなたは、

  • GAS(Google Apps Script)でスプレッドシートを扱う際の基本的なことがわかります。
  • セルの値を取得したり設定することができます。

そして

あなた:「へー、こんな風にスプレッドシートを操作するんだ。」

ってな事になります。

逆に、知らないと

せっかっくスプレッドシートの事がわかってきても
スプレッドシート上でしか操作できないので、
ウンウン唸りながら、さまざまな数式を組み合わせて

。。結局。。

あなた:「ダメだ。。無理だ。。」

ってなことになり、この先いくら
スプレッドシートを使いこなそうとも

スプレッドシートマスター」の

称号を手に入れることはできません。

ま、称号はいらないにしても、
セルのちょっとした
操作がGASでできると便利です。

さらに、マクロを自動作成したときも、
コードの意味がわかるので、ちょっと
改造したりもできます。

なので、さくっとこの動画を見て

こんな感じで使ってみてください。

それでは、動画をご覧ください。

【GAS】初めての Google Apps Script スプレッドシート セルの値を取得する セットする

マインドセットします。

マインドセット
ここからGASでスプレッドシートを操作することが可能になる

 

今回は、新しい概念が登場するので
ちょっと分かりづらかったと思います。

イメージとしては、こんな感じで
どんどん指定する範囲を絞り込んでいきます。

  • SpreadsheetApp 
  • Spreadsheet 
  • Sheet 
  • Range 

まあ、こんなもんなんだと。
認識してください。

 

今回のスクリプトです。

 

では、今回のGoogleシートマスターへの究極の方法です。

Step1.
スプレッドシートの「ツール」ー「スクリプトエディタ」をクリックする

Step2.

[Sprea]と入力し、[SpreadsheetApp]を選択する

Step3.

.を入力しさらに「getA..]を入力する

Step4.

後は、動画の通り入力する。

Step5.

セーブして実行する

では、早速、スクリプトエディタを開いてください。

今すぐです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら⇒「【GAS基礎講座2】シート名を取得する関数を作る方法」

旧版

 

言っていることは同じなのですが、
スクリプトエディタが古い
Javascriptが以前のバージョンなので
varや;(セミコロン)を使用しています。

ちなみに今のバージョンでvarや;(セミコロン)を使用しても
問題ありません。

—————————————

  • GAS(Google Apps Script)の基本的なことがわかります。
  • スクリプトエディタの基本的な使い方がわかります。
  • セルに値をセットしたり取得したりできます。

 

【GAS基礎講座1】初めてのGoogle Apps Script スプレッドシート セルの値を取得する セットする

 

 

つぎはこちら⇒「【GAS基礎講座2】シート名を取得する関数を作る方法」

GAS基礎講座一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました