GoogleスプレッドシートVLOOKUPを使うやつはバカ(QUERYの基礎)

この記事は2分で読めます

Query関数の一覧

ご訪問ありがとうございます。

スプレッドシートマスターのひろしです。

前回⇒「VLOOKUPは使うな(QUERY)」

 

今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。
これを知ることであなたは、

  • VLOOKUPを使用しなくてもVLOOKUP以上の機能をもつQUERYが使えるようになります。
  • 列の並び替え、データの抽出、データの並び替え等、様々なことができます。
  • QUERYさえ使えるようになれば、スプレマスターです。

ようするにVLOOKUP関数を知らなくても
ガンガンデータを抽出できるようになるのです。 

逆に、知らないと
がんばってVLOOKUP関数を覚えても
ガチガチのルールの中で、決められたパターン
の抽出ができるだけです。

ちょっとデータにひねりがあると
もうお手上げです。

なので、サクッとQUERY関数をマスター
してしまいましょう。

 

こんな感じで使います^^

だれか:「なんかVLOOKUPってよくわかんない
あなた:「あー、そんなのQUERYでやったほうが楽だよ。」 

 

実際の例

女性を抽出 =QUERY(A1:H25,”select D,B where D=’女'”)
クで始まる =QUERY(A1:H25,”select C,D,B where C like ‘ク%'”)
 

Query関数の一覧

マインドセットします。

マインドセット
VLOOKUPを使うやつはバカ

さすがに、これは言いすぎですが
VLOOKUP関数は縛りが多すぎます。

おそらくGoogleは、Excelとの互換性のために
渋々作った関数でしょう。

サクッとQUERYを使いこなすことでデータベース
の概念がわかったところでVLOOKUPをやるば、
スムーズに理解できます。

とはいえ、リアルでは決して「VLOOKUPを使うやつはバカ」
なんてことは言わないでください。

では、今回のスプレッドシートマスターへの究極の方法です。

Step1. 
=QUERY(範囲)で
範囲丸ごとを抽出してみる

Step2.

=QUERY(範囲,”select *”)で
範囲丸ごとを抽出してみる
※”select *”がすべての抽出であることを理解する

Step3.

=QUERY(範囲,”select  列A,列B”)で
列Aと列Bを抽出してみる 

Step4.
 
=QUERY(範囲,”select  列A,列B where 列A=xx”)で
簡単な検索条件を指定し列Aと列Bを抽出してみる 

これで、QUERYの基礎は完璧です。

すばらしい!

では、早速「=QUERY(範囲)」を行ってください 今すぐです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら⇒「VLOOKUPを超える便利すぎるQUERYとは(OFFSET contains)」

Query関数の一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Categories

open all | close all

表示数