【GAS30】指定した文字列をすべて置換する方法 replace

GAS

ご訪問ありがとうございます。

Googleシートマスターのひろしです。

関連動画→「【初心者向け】Googleフォームでいきなり返信メールを送れるようになる方法」

今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。

これを知ることであなたは、
文書内の特定の文字列を
一気に置換できるようになります。

まとめると

  • 文字列の置換を文章全体に対して行えるようになります。
  • Googleフォーム登録時の自動返信メールに複数回、登録者の名前を表示させることができるようになります。

ということになります。


逆に、知らないと
GASないでreplace関数を使っても

あなた:「あれ? 先頭しか置換されていない」

って、事になってしまいます。

これは、実際に私に起ったことです。

「【初心者向け】Googleフォームでいきなり返信メールを送れるようになる方法」

を見ながら実際に、自分自身のフォームの設定をしました。

でも、残念ながら%name%が置換されずに送信されてしまうのです。

ひろし:「えええーーー、あかんやん」

というわけで、重い腰を起こし、修正作業に取り組みました。

では、動画をご覧ください。

【GAS30】指定した文字列をすべて置換する方法 replace

 

スクリプトはこちらです。

※確認は、Console.logで行ってください。

 

マインドセットします。

マインドセット
ちょっとガンバれば修正できる
これは、私自身に言っているのですが、
ぶっちゃけ、GASの修正は面倒くさいです。

一旦、始めてしまえば、なんてこと無いのですが
やるまでにちょっと時間がかかります。

正直、ブログに書こうと思わなければ、まだ
修正していないと思います。

ようは、一歩踏み出せば、できちゃうってことです。

では、今回のGoogleシートマスターへの究極の方法です。

Step1.
GASの画面を開く

Step2.

コピペしてデバッグできるロジックに変更する

Step3.

Console.log()を組み込む

Step4.

replace()関数を試してみる

では、早速GASの画面を開いてください。
今すぐです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら⇒「【GAS基礎講座2】シート名を取得する関数を作る方法」

コメント

タイトルとURLをコピーしました