シフト表を作成する(Gスプレッドシート)

応用編

応用一覧

ご訪問ありがとうございます。

Googleシートマスターのひろしです。

前回

年と月の入力で切り替わる万年カレンダーを月曜から始まるようにする
  • WEEKDAY関数の使い方がわかります。
  • 属性のコピペが簡単に行なえます。
  • 万年カレンダーを月曜から始まるように変更できます。
  • 今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。


    これを知ることであなたは、

      • COUNTIF,DATE,EOMONTH,SEQUENCE,INDIRECT,Arrayformula関数等の基本的な使い方がわかります。

    オートフィル

    • 動画に沿ってやることでシフト表が出来上がります。
    • この動画一本でかなりスキルアップできます。

    なので、サクッとマスターして

    というわけで、動画を見ながらじっくり取り組んでください

     

    動画はこちら

    Googleスプレッドシート シフト表を作成する

    シートはこちら


    *クリックすることでシートが開きます。

    ポイント

     

    テスト的な人名の作成

     

    姓と名で分ける

    SPLIT関数を使用して区切り文字にスペースを指定しましょう。

    SPLIT(テキスト, 区切り文字, [各文字での分割], [空のテキストを削除])

     

    月末日の表示

    EOMONTH関数を使用します。月は同じ月なので0を指定します。

    EOMONTH(開始日, )
    日付の表示

    月によって表示する個数が異なるのでSEQUENCE関数を使用すると便利です。

    SEQUENCE(行数, [列数], [開始値], [増分量])

     

    行数は1、列数がその月の日数なので月末ー月初あるいは、EOMONTHをTEXT関数の日付を表示
    text(SEQUENCE(1,text(F3,“dd”),F2),“ddd”)することで取得できます。例) text(F3,“dd”)

    開始値は月初のF2を指定すればあとは、自動的にその月の日付が表示されます。

    動画内の2,3選択時(7:59)に何をしているのかというご質問を何件かいただきました。

    →選択後に削除(DELETE)しています。

    曜日の表示

    TEXT関数の”ddd”を使用します。ただ、D6の値をTEXT関数でくくっても1日めの曜日しか
    表示されません。

    text(SEQUENCE(1,text(F3,“dd”),F2),“ddd”)

    そこでArrayformulaします。そうすれば表示されます。

    SEQUENCE関数とArrayformulaは相性がいいですね。

     

    祝日の追加
    月と日別の表で土日祝日に色を自動で付ける(Excelとの違い)
  • プルダウンの設定方法がわかります。
  • 条件付き書式の効果的な使い方がわかります。
  • text(),COUNTIF()関数の効果的な使い方がわかります。
  • 条件付き書式には名前付き範囲をINDIRECTします。

    =countif( INDIRECT("祝日"),D$6)=1

     

    その他メモ

    20名分のエリア オートフィル
    人の名前 split
    年、月入力エリア 色を付ける
    月初日、 DATE
    月末日の表示 EOMONTH
    日付の入力 SEQUENCE
    幅の変更、列の追加 40
    セルの結合、表示形式の変更
    月ごとの日付にする 月末ー月初
    曜日の表示 Arrayformula
    曜日に色を付ける
    休の日の背景色
    祝日の追加
    祝日を追加
    =countif( INDIRECT(“祝日”),D$6)=1
    行・列の固定
    人数の調整
    朝、昼、夜、深夜、休
    5:00
    リストから選択できるようにする ABCD休
    サンプルをコピペする
    出勤数
    一ヶ月の総日数
    B28 朝、昼、 TRANSPOSE
    必要人数チェック
    条件付き書式の延長
    COUNTIF(範囲,0,”◯”,”✕”
    すべて0の日をクリアする
    =COUNTIF(AF$28:AF$31,0)=4
    希望休暇日欄を作成する AJ6-AN6
    行挿入します。
    休暇希望日
    休み希望日入力
    入力欄に色を付ける
    希望日をテスト的に入力する
    RANDBETWEEN
    値のコピペ
    日付データにする
    オートフィルでもいいが Arrayformula
    表示を日付のみにする
    入力がない場合は、空白にする
    入力制限の解除
    警告を表示にする
    一旦クリア
    休の日なら休
    =if(countif($AJ8:$AN8,D$6)=1,”休”)
    乱数を発生させる
    RANDBETWEEN
    判別 SWITCH
    =SWITCH( RANDBETWEEN(1,5),1,”A”,2,”B”,3,”C”,4,”D”,5,”休”)
    希望の休に色を付ける
    =countif($AJ8:$AN8,D$6)>0
    29日以降は空の判別を追加する
    =if(AF6=””,””, if(countif($AJ8:$AN8,AF$6)>=1,”休”,SWITCH( RANDBETWEEN(1,5),1,$O$2,2,$P$2,3,$Q$2,4,$R$2,5,$S$2)))
    希望休暇日を非表示に
    DELキーで変わらないことを確認
    センタリング、境界線を太くする
    シートをコピーしマスターにする
    値を貼り付け SHIFT+Ctrl+V
    マスターからコピー
    年を参照する =’マスタ’!E1
    月をシート名から取得する
    注意 すばやくやる
    参考 シートのコピーとシート名の変更

     

     

     

     

     

     

     

    最後までご覧いただきありがとうございます。

    つぎはこちら

    セルの色が自動的に変わるガントチャートを作成する(Gスプレッドシート)
  • DATE,SEQUENCE,Arrayformula関数、条件付き書式の基本的な使い方がわかります。
  • 動画に沿ってやることでガントチャートができあがります。
  • 応用一覧

     

     

    参考動画

    【Excel講座】98%おまかせ!超便利な「シフト表」の作り方 ★ALL STEP 総集編★

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました