GoogleスプレッドシートからLINEにメッセージを 送る方法

この記事は2分で読めます

LINEとの連携一覧
ご訪問ありがとうございます。

Googleシートマスターのひろしです。

前回⇒「ArrayFormulaでSUMっぽいことを実現する方法」

今回は、GoogleスプレッドシートからあなたのLINEに
メッセージを送れちゃう方法をお伝えします。

 

この記事を読むことであなたは、

  • 簡単にスプレッドシートからLINEにメッセージが送れます。
  • スプレッドシートに貼り付けたボタンからマクロを起動することができます。

たとえあなたが
あなた:「マクロは、嫌!てかGASって何?」

っていう状態でGAS(Google Apps Script)が
何のことかわからなくても
まったく大丈夫です。



あなたの大好きなコピペだけで
スプレッドシートに書いた文字列が
LINEに送られるようになります。

 

あなた:「えーっと、準備するものは。」

あなた:「LINEのアカウントにグループと。それから、ん、トークン?」

あなた:「トークン?

 

大丈夫です。それもコピペでOKです。

 

とにかく最終的には、スプレッドシート上の
「LINEへ送信」ボタンをクリックするだけで

スプレッドシートに書いた文字列が
LINEに送られます。

 

あなたのスプレッドシートとLINEが
融合する奇跡の瞬間です。

マインドセットします。

マインドセット
ちょっとコピペするだけで奇跡の瞬間が訪れる

ぶっちゃけ、ちょっとメンドイ作業ですが、
ここまで読んでくださった前向きなあなたであれば、
必ず実現できます。

では、動画を見ながら
実際に設定してみてください。


 

 

以下は、動画内で出てきた説明箇所です。

トークルームの作成

 

Step1.

①上の(吹き出しマーク)をクリック

 

Step2.
[グループ]をタップする

 

Step3.

①[次へ]をクリックする

 

 

Step4.

①適当に名前を入力する
②[作成]をクリックする

 

Step5.

出来上がり

 

 

LINE Notify APIの登録

 

https://notify-bot.line.me/ja/

 

 



 

LINE Notifyを招待する

Step1.

①右上の三本線をクリックする

Step2.

①招待をタップする

 

Step3.

①LINE Notifyをタップする

②招待をタップする

 

 

 

使用するスクリプト

では、今回のGoogleシートマスターへの究極の方法です。

Step1.
LINEに通知用のグループを用意する

Step2.

「LINE Notify API」を登録する

Step3.

LINE Notifyを招待するStep4.

スクリプトをコピペする

以上です。

では、早速 スマホを手に取り、LINEに通知用の
グループを用意してください。

今すぐです。

もうしうまく行かない場合は、
なるべく具体的に
動画のどこ(分秒)でうまく行かないかを

以下のコメント欄で教えてください。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら⇒「今日の予定を自動的に LINEに送信する方法」

 

 

LINEとの連携一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Categories

open all | close all

表示数