SUMIFS関数をArrayFormulaで実現する方法(Gスプレッドシート)

IF、IFS、SUMIF

ArrayFormulaの一覧

ご訪問ありがとうございます。

Googleシートマスターのひろしです。

前回

ArrayFormulaの範囲を自動的に変更する方法(Gスプレッドシート)
応用一覧 ご訪問ありがとうございます。 Googleシートマスターのひろしです。 前回 今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。 これを知ることであなたは、 日付を追加するだけで、 「...

今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。


これを知ることであなたは、

  • SUMIFS関数の使い方がわかります。
  • ArrayFormulaを通してSUMIFS関数のやりたいことがわかります。


逆に、知らないと

。。。

ま、実のところ大した実害はありません。

しかしながら、今回の動画をご覧いただくことで
ArrayFormulaを通してSUMIFSの仕組みが
よくわかります。

なので、今後、
いろいろと応用が効くようになります。

そして、

と、さくっと答えてあげてください。

 

動画はこちら

GoogleスプレッドシートSUMIFS関数をArrayFormulaで実現する方法

シートはこちら


※クリックするとシートが開きます。

ポイント

SUMIFS関数でやる

特定の商品の合計を算出するには、SUMIFS関数で
条件範囲に”商品名”を指定し、条件(みかん)を指定します。

SUMIFS(合計範囲, 条件範囲1, 条件1, [条件範囲2, …], [条件2, …])

例)

=SUMIFS(D7:D17,C7:C17,”みかん”)

 

Arrayformulaでやる

SUM関数内で条件がTRUE(1)の場合のみ抽出するようにします。

SUM((C7:C17=“みかん”)*D7:D17)

みかんの場合        : 1 x 価格
みかん以外の場合  : 0 x 価格 でスルーすることなります。

これを、Arrayformulaでくくることで、条件に一致する項目を
算出することができます。

例)

=ArrayFormula(SUM((C7:C17=“みかん”)*D7:D17))

これで、SUMIFSと同等のことが可能となります。

 

マインドセットします。

マインドセット
ArrayFormulaを使いこなすことで世界が広がる

 

ArrayFormulaは非常に強力です。

ぜひ、いろいろと使ってみてください。

では、今回のGoogleシートマスターへの究極の方法です。

Step1.
使用したデータをクリックする

Step2.

E7を確認する

Step3.

F7を確認する

では、早速動画で使用したデータを開いてください

今すぐです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら

一瞬で翻訳 できる方法(GOOGLETRANSLATE) (Gスプレッドシート)
Excelにない関数の一覧 ご訪問ありがとうございます。 Googleシートマスターのひろしです。   前回 今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。 これを知ることであなたは、 スプレッドシート内で簡単に翻訳...

 

ArrayFormulaの一覧

コメント

  1. 匿名 より:

    非常に分かりすくて助かりました。
    arrayでsumifsが実現できました

  2. ああああ より:

    arrayの強みは、縦に関数を引っ張らなくても一つの関数で行ごとに動く点だと思いますが、この方法だと結局全ての行にSUMIFを入れるのと変わらないです・・・
    下行に自動展開できるarrayの組み方はないですか。

タイトルとURLをコピーしました