Microsoft365 パスコード、表示名のCSVファイルによる一括変更

Microsoft365

今回は、Microsoft365のパスコードを
一括で変更する方法についてお伝えします。

数件変更するだけであれば、Azureを使用
すればいいのですが、大量に変更する必要が
ありそうなので調べました。

結論としてCSVファイルを作って
ちょっとコマンドを叩くだけできます。

ただ、コマンドが呪文のように長いので
ここにメモを残します。

Microsoft365 パスコード、表示名の変更

準備(Windows PowerShell – MsolService)

コマンドを叩く用にちょっと準備が必要です。

Step1.

①検索窓に「Windows PowerShell」を入力する
②管理者として実行する

 

Azure Active Directory PowerShellのインストール

※「 Connect-MsolService」を入力し以下のようなエラーが発生する場合は、
モジュールのインストールが必要です。

 

Step1.

①「Install-Module -Name AzureAD」を実行する
②「Y」(またはそのままEnter)を入力する
③「A」を入力する(しばらくするとインストールが完了する)
④「Install-Module -Name MSOnline」を実行する
⑤「A」を入力する(しばらくするとインストールが完了する)

下記画面は、「Install-Module -Name MSOnline」インストール途中

 

Microsoft365への接続

Step1.

①「 Connect-MsolService」を入力し接続する
②管理者権限のあるメールアドレスを入力する
③「次へ」をクリックする

Step2.

①管理者権限のある「パスワード」を入力する
②「サインイン」をクリックする

コネクト完了です。

 

 

すべてのユーザー情報の出力

必要に応じて、以下の入力ですべてのユーザー情報を
「C:\temp\Userlist.csv」に出力します。

 

 

user01@contoso.onmicrosoft.com,Abcd1234

 

パスコード変更方法

Step1.

①以下のような内容でCSVファイルを作成する

1行目はタイトル(UserPrincipalName,NewPassword)
2行目以降
メールアドレス,パスワード

 

※パスワードのフォーマット
8〜16文字で1文字以上の数字か記号を含む

Step2.

C:\temp\Userlist.csvの場合の実行例です。

 

※ダブルコーテーションがあってもなくてもうまくいきました。

 

表示名の変更

表示名の変更は、Set-MsolUserで行います。

 

Step1.

ヘッダーが「UserPrincipalName,DisplayName」のCSVファイルを準備する

*漢字を含む場合は、UTF-8で保存します。

Step2.

以下のコマンドを実行する。

例) “C:\temp\Userlist.csv”の場合

 

 

以上です。

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

参考サイト↓

Windows PowerShell コマンドでの既存ユーザーへのパスワード再設定手順
いつもOffice 365 をご利用いただき、ありがとうございます。 Windows PowerShell を利用して作成した複数のユーザー アカウントに対し、管理者側で任意のパスワードを再設定する手順をご案内いたします。 〇 Windows PowerShellの起動 以下の手順で、Windows PowerShel...
GIGAスクール | Office 365 の運用管理 Tips - Qiita
はじめに 文部科学省の GIGAスクール構想 により、2021年度には多くの学校で Office 365 の利用が開始されます。本記事では、Office 365 をはじめて運用される管理者向けの Tips を紹介します。 ユ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました