練習用テストデータ(数値)を一瞬で作る方法 RANDBETWEEN

その他の関数

ご訪問ありがとうございます。

Googleシートマスターのひろしです。

前回⇒

Googleスプレッドシート 文字列の長さを取得する方法LEN,LENB
ご訪問ありがとうございます。 Googleシートマスターのひろしです。 前回 今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。 これを知ることであなたは、 文字列の長さを一瞬で取得できます。 バイト数も取得すること...

今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。

これを知ることであなたは、

  • 数値データを一瞬で作ることができます。
  • スプレッドシートの練習用にぴったりです。

 


逆に、知らないと

適当なデータを作る際に
わざわざデータを打ち込むという
不毛な作業を強いられます。

なので、サクッとマスターして

ちょっと、関数の勉強したいんだけど適当なデータを入れるのが面倒なんですけど。。

と困っていたら

あー、RANDBETWEEN使えばいいよ。

と答えてあげてください。

動画はこちら

Googleスプレッドシート 練習用テストデータ数値を一瞬で作る方法(RANDBETWEEN)

 

マインドセットします。

マインドセット
テストデータを作る際にチンタラキー入力するやつはザコ

シートはこちら→

では、今回のGoogleシートマスターへの究極の方法です。

Step1.
A1セルに=RANDBETWEEN(10,99)を入力する


Step2.

A1セルをオートフィルしランダムな数値が表示されることを確認する



では、早速A1セルに
=RANDBETWEEN(10,99)
を入力してください

今すぐです。

 

さらに、

サンプルデータの作り方

個人情報(氏名、フリガナ、生年月日、住所、血液型、電話番号)のサンプルデータが 一瞬で作れます。

テストデータ・ジェネレータ

 

動画はこちら

一瞬でできる ExcelやGoogleスプレッドシートの個人情報的なテストデータ作成方法

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら

正規表現を使って都道府県名を 取得する方法(REGEXEXTRACT)
ご訪問ありがとうございます。 Googleシートマスターのひろしです。 前回 今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。 これを知ることであなたは、 正規表現を使用して文字列を取得することができ...

 

中級関数の一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました