VLOOKUPは使うな(QUERY)

QUERY

Query関数の一覧

ご訪問ありがとうございます。

Googleシートマスターのひろしです。

前回⇒「チェックボックスで条件書式を切り替える方法」
今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。

これを知ることであなたは、

  • VLOOKUPのように入力した値に一致するデータを取得できます。
  • VLOOKUPより簡単にできます。

といい事ずくめです。


逆に、知らないと

VLOOKUPをどんどん使いこなすものの
左からしか値が取れないので
どんどんマニアックでトリッキーな方法を
独りよがりでやっていくことになります。



これだと、いくら時間があっても足りません。

ぜひ、サクッとQUERYをマスターし

と堂々と答えてあげてください。
 

と、ここでQUERYに関する質問をいただきました。

ご質問

 

QUERY関数、面白いですね。VLOOKUPのように、例えばA列に名前を入力するとその人の電話番号や住所がB・C列に表示されるようなことはできるのでしょうか?

 
ひろし:「はい、ではやってみましょう!」
ということで、やってみました。

Googleスプレッドシート VLOOKUPは使うな(QUERY)



マインドセットします。

マインドセット
QUERYを制するものは、スプレッドシートを制する

スプレッドシートがExcelに勝っている機能は、
いろいろとありますが、「関数」で勝っているもの
いえば、Queryが最も強力です。

「ちょっと、表計算の範疇を逸脱しているのでは?」と
心配になるくらい暴れん坊なのがQueryです。

ぜひ、Queryを使いこなしてください。

では、今回のGoogleシートマスターへの究極の方法です。

Step1.
A1セルに「=Query」と入力する

Step2.

ヘルプを読んで見る

では、早速Queryのヘルプをチラ見してください。

今すぐです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら⇒「VLOOKUPを使うやつはバカ(QUERYの基礎)」

Query関数の一覧

質問対応の一覧

コメント

  1. k.h. より:

    いつも大変興味深く拝見しております。
    ありがとうございます。

    ところで、vlookupは使うなということで、すべてをquery化
    しようと思っているのですが、他のシートにあるマスタデータ
    に対して入力シートの特定列に対してvlookupを使わずに
    queryで検索させてマスタデータの必要な列項目を
    表示することはできるのですが、これに対して、さらに
    arrayformula関数でコピペ作業を軽減しようと思って
    いるのですが、どうしてもエラーとなってしまいできません。

    たおてば、こちらの動画の3分30秒あたりの where条件の
    ところで、B= となっているところを B2:B= のように指定して
    実行するとエラーになります。
    逆にvlookupではB2:B=で検索することでarrayformula関数で
    組めてしまいます。

    query関数で出来るようになりますでしょうか?
    教えてください。

    宜しくお願い致します。

    • hiroshi より:

      k.h.さん
      コメントありがとうございます。

      あー、それは残念ながらできないですね。
      QUERYは、単体で複数行持ってくる事はできますが、
      複数行の引数は、想定されていません。
      QUERYの最大の弱点です。

      私も薄々、arrayformulaも考えるとvlookupもありかな?
      と思っていました。

      なのでarrayformulaを使うならvlookup使ってください^^

タイトルとURLをコピーしました