ドロップダウンリストを連動させる方法

この記事は2分で読めます

応用の一覧

ご訪問ありがとうございます。

Googleシートマスターのひろしです。

前回⇒「あなたの印鑑で電子印鑑が簡単に作れる方法 Googleスプレッド」

今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。

これを知ることであなたは、

  • 連動するドロップダウンリストが作れます。
  • 名前付き範囲、INDIRECT関数の基本的な使い方がわかります。


逆に、知らないと

いつまで経っても、
「ちょっとスプレッドシートはサワれる」状態のままです。

それは、それで一つの生き方ですが、

「名前付き範囲」とINDIRECT関数の組み合わせは、
マスターするとかなり応用が効くのでぜひ
挑戦してみてください。

そして、

サクッと、答えてあげてください。




 

 

動画で使用したデータ→https://technical.verybestcbp.com/w03j

シートを試す方法

Step1.

https://technical.verybestcbp.com/w03j

を開く

 

Step2.

①「連動するドロップダウン」タブを右クリックする
②[別のワークブックにコピー]-[新しいスプレッドシート]をクリックする

 

Step3.

①「車データ」タブを右クリックする
②[別のワークブックにコピー]-[既存のスプレッドシート]をクリックする

 

Step4.

①Step2.で作成したスプレッドシートを選択する(おそらく左上のスプレッドシート)
②「選択」ボタンをクリックする

 

Step5.

①[スプレッドシートを開く]をクリックする

 

Step6.

①「車データのコピー」タブをダブルクリックし、”車データ”に変更する

 

こんな感じで動かせます。

 

マインドセットします。

マインドセット
よくわからなければ、まず動かしてみる

動画を見て、すぐに理解できた人は
素晴らしいです。

もう次のページに飛んでください。

ただ、よくわからなかった場合は、

とにかくサンプルをコピーして
動かしてみてください。

INDIRECTっていうのは、理解できたつもりでも
ややこしいです。

私自身、何度も後戻りしています。

 

では、今回のGoogleシートマスターへの究極の方法です。

Step1.
https://technical.verybestcbp.com/w03jを開く

Step2.

「連動するドロップダウン」シートと「車データ」シートをあなたの
環境にコピーする

Step3.

「車データのコピー」シートを”車データ”にリネームする

Step4.

動作することを確認する

Step5.
名前付き範囲、および「連動するドロップダウン」シートの
A2,B2セルの「入力データ規則」を確認する

では、早速、動画で使用したデータを開いてください。
今すぐです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら⇒「罫線や斜め線を 華麗に描画する方法」

応用の一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Categories

open all | close all

表示数