ArrayFormulaの範囲を自動的に変更する方法

INDIRECT

応用一覧

ご訪問ありがとうございます。

Googleシートマスターのひろしです。

前回⇒「最強 VLOOKUP+ARRAYFORMURA」

今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。

これを知ることであなたは、

日付を追加するだけで、
「自動的にいい感じになる」
という、画期的な方法を習得することができます。

さらに

  • COUNTAとINDIRECTを効果的に組み合わせる方法がわかります。
  • ArrayFormulaの範囲を自動的に変更する方法がわかります。




逆に、知らないと

まいどまいど、チマチマと手入力により
曜日を入力することになります。

せっかく、スプレッドシートを使っているのに
全然イケてません。

こんな感じで、マスターしてぜひ、
他の方に教えてあげてください。

マインドセットします。

マインドセット
ちょっとの手間を惜しんでいると、いつまで経っても進歩しない

ぶっちゃけ、オートフィルでなんとかなるので、
新しい手法をマスターするのはメンドイです。

しかもINDIRECTとか言われると
ついつい及び腰になります。

でも、ちょっと頑張って理解し、何度か使っていれば
自然に使いこなせるようになります。

肝はCONTAとINDIRECTの組み合わせです。

ぜひ、マスターしてください。

 

動画はコチラ

【初心者向け】Googleスプレッドシート Arrayfomulaの範囲を自動的に変更する方法

 

シートはコチラ→https://technical.verybestcbp.com/u147

 

では、今回のGoogleシートマスターへの究極の方法です。

Step1.
Ctrl+Shift+EnterでArrayformulaを使ってみる

Step2.

Arrayformulaの引数を変更してみる

Step3.

INDIRECT()を使ってみる

Step4.

列番号とCOUNTA()を連結しINDIRECT()の引数としてみるStep5.
Arrayformulaに入れてみる

では、早速「Ctrl+Shift+Enter」を入力してください
今すぐです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら⇒「ArrayFormulaの範囲を自動的に変更する方法」

応用一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました