郵便番号から住所を表示させる方法

応用編

ご訪問ありがとうございます。

Googleシートマスターのひろしです。

前回⇒「一つのセルに複数のリンクを設定する方法」

今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。

これを知ることであなたは、

  • 効果的なQUERY関数の使用方法がわかります。
  • Webデータを取り込む方法がわかります。
  • INDEX,SPLIT,CONCATNATEを組み合わせた使い方がわかります。
  • 郵便番号から住所を表示させる方法がわかります。という事になります。


逆に、知らないと

あなた:「えーっと、この郵便番号は・・・」

と、毎度毎度、ググったり、日本語入力で
変換する必要があります。

まあ、日本語変換でできるのですが
あえてスプレッドシートでやってみましょう。

まず、zipcloudというサービスを使います。

郵便番号データのダウンロード - zipcloud
株式会社アイビスが運営する郵便番号データ配信サービス「zipcloud」。Google App Engine 上で稼働しています。

引数に郵便番号を指定すれば取得できます。

例)
http://zipcloud.ibsnet.co.jp/api/search?zipcode=6008216

 

 

 

ポイント

以下の情報を取得する際に
Queryを使うのがポイントです。

 

Googleスプレッドシート郵便番号から住所を表示させる方法

マインドセットします。

マインドセット
シート状に展開できればどうとでもなる

今回のポイントは、Queryだったり、
文字のデリミタによる切り分けだったりと
いろいろ関数を組み合わせることにあります。

ぜひ、サンプルどおりやってみて
いろんな関数を自分のものにしてください

 

シートはこちら→https://technical.verybestcbp.com/sp0p

では、今回のGoogleシートマスターへの究極の方法です。

Step1.
URL欄に「http://zipcloud.ibsnet.co.jp/api/search?zipcode=(あなたの自宅の郵便番号)」を
入力する

Step2.

スプレッドシート上でIMPORTDATAしてみる

Step3.

QUERYする

Step4.

・・・する

では、早速「http://zipcloud.ibsnet.co.jp/api/search?zipcode=(あなたの自宅の郵便番号)」を
開いてみてください。
今すぐです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら⇒「行の入れ替え、行の移動が簡単にできる方法」

中級関数の一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました