初めてのチェックボックスと条件付き書式(Gスプレッドシート)

チェックボックス

効率UPの一覧

ご訪問ありがとうございます。

Googleシートマスターのひろしです。

前回

行の入れ替え、行の移動が簡単にできる方法(Gスプレッドシート)
効率UPの一覧   ご訪問ありがとうございます。 Googleシートマスターのひろしです。 前回 今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。 これを知ることであなたは、Googleスプレッドシートの ...

今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。


これを知ることであなたは、

  • チェックボックスの使い方がわかります。
  • 条件付き書式の基本的な使い方がわかります。

なので、サクッとマスターして

と答えてあげてください。

動画はこちら

Googleスプレッドシート 初めてのチェックボックスと条件付き書式

シートはこちら


※クリックするとシートが開きます。

ポイント

チェックボックスの追加方法

Step1.

①チェックボックスを追加したい位置を選択します。
②「挿入」をクリックします。
③「チェックボックス」をクリックします。

 

 

 

条件付き書式の設定

Step1.

①「条件付き書式」を設定する範囲を選択し右クリックします。
②メニューの一番下「セルでの他の操作項目を表示」ー「条件付き書式」をクリックします。

Step2.

①セルの書式設定の条件を「カスタム数式」にします。
=$A2(例)と入力します。

書式ルールがtrueの場合、指定した
書式が適用されます。

マインドセットします。

マインドセット
条件付き書式の書式ルールは、「カスタム数式」で指定しろ

条件付き書式の書式ルールは、いろいろ
選択できますが、「カスタム数式」だけ
マスターすればOKです。

では、今回のGoogleシートマスターへの究極の方法です。

Step1.
チェックボックスを配置する箇所で
「挿入」-「チェックボックス」をクリックする

Step2.

書式を設定したい箇所を右クリックする

Step3.

メニューの一番下「セルでの他の操作項目を表示」ー「条件付き書式」をクリックする

Step4.

セルの書式設定の条件を「カスタム数式」にする

Step5.

=(チェックボックスの位置)を指定する

では、早速、チェックボックスを配置してください

そしてカスタム数式をマスターしてください。

今すぐです。

たったこれだけの操作で、条件付き書式が
マスターできます。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら

【初心者向け】チェックボックスによる制御、項目を抽出する方法 FILTER OR
チェックボックス一覧 前回 今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。 これを知ることであなたは、 チェックボックスを華麗に使いこなし さらにその集計まで簡単にできます。 逆に、知...

チェックボックス一覧

条件付き書式の一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました