仕組みがわかるはじめての「条件付き書式」

FILTER

条件付き書式の一覧

ご訪問ありがとうございます。

Googleシートマスターのひろしです。

前回⇒「【初心者向け】チェックボックスによる制御、項目を抽出する方法 FILTER OR」

今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。

これを知ることであなたは、

  • 条件付き書式の仕組みがわかります。
  • 条件付き書式で条件を切りかる方法がわかります。

今まで、なんとなく「条件付き書式」使っていたとしても、
本質的なことがわかります。

しかも、「セルの書式設定の条件…」を「カスタム数式」で
指定できるようになるので、自由自在に条件を
組み合わせることができるようになります。

逆に、知らないと
毎度、毎度、「条件付き書式」の「セルの書式設定の条件…」を
設定するたびに試行錯誤し、「なんとなくできる」状態が
永遠に続きます。

マインドセットします。

マインドセット
条件付き書式は、「カスタム数式」を指定してTRUEさえ意識すればOK

 

今は、なんのことかわからないかもしれませんが、
動画を見終わった頃には、その意味がわかります。

そして、ズバッと

的確なアドバイスができるようになるのです。

では、動画をご覧ください

Googleスプレッドシート 条件付き書式で条件を切り替える方法 チェックボックス

 

シートはこちら→https://technical.verybestcbp.com/goer

 

では、今回のGoogleシートマスターへの究極の方法です。

Step1.
「条件付き書式」を設定したいセルを右クリックする

Step2.

「条件付き書式」をクリックする

Step3.

「カスタム数式」を選択する

Step4.

「true」と入力する

Step5.

書式設定のスタイルがStep1.で選択したセルに
反映されることを確認する

では、早速「条件付き書式」を設定したいセルを右クリックしてください
今すぐです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら⇒「今すぐわかる条件付き書式」

条件付き書式の一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました