Googleスプレッドシート 特定のセルに対して変更した人が 一瞬で分かる方法

効率UP

効率UPの一覧

ご訪問ありがとうございます。

Googleシートマスターのひろしです。

前回⇒「Googleスプレッドシートでいきなりグラフが作れてしまう方法」

今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。

これを知ることであなたは、

  • 共有しているスプレッドシートにおいて、誰が何を変更したのかが一瞬でわかります。
  • マジで感動です。


逆に、知らないと

あなた:「あれ?何かこのシート変わってる。」

あなた:「んんー、どこが変わったんだ。」

となり、挙句の果てに
変更した人を見つけても。。。。

変更した人:「う~~~ん、どこを変えたんだったかなー」

と、最悪の事態になりかねません。

なので、サクッと動画をご覧いただき

と答えてあげてください。

動画はこちら
https://youtu.be/SO8LrZHyLLE

マインドセットします。

マインドセット
変更履歴を制するものは共有シートを制する

共有機能は、とても便利ですが
あなたの知らないところで変更される
恐れがあります。

なのでしっかりとバージョン管理を
行ってください。

では、今回のGoogleシートマスターへの究極の方法です。

Step1.
すでに入力してあるスプレッドシートを開く

Step2.
「ファイル」-> 「変更履歴」-> 「変更履歴を表示」
(または Ctrl+Alt+Shift+H)をクリックする


Step3.

スプレッドシートの右側に「変更履歴」が表示される


Step4.

変更履歴を適当にクリックして
変更履歴を確認する

では、早速、スプレッドシートの既存ファイルを開いてください
今すぐです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら⇒「無限に元に戻す「変更履歴」を使ってみた」

効率UPの一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました