【GAS基礎講座 3. 】シート間で値の取得や設定

基礎講座

GAS基礎講座一覧

ご訪問ありがとうございます。

Googleシートマスターのひろしです。

前回⇒「【GAS基礎講座 2. 】ループを使い4つのセルに5を足し込んでいく方法」

ループはどうでしたか?

なかなかおもしろかったんじゃ
ないでしょうか?

さて、今回は、さらに価値の高い方法をお伝えします。

これを知ることであなたは、

GAS(Google Apps Script)でシート間での値の取得や設定ができるようになります。

今までは、今開いているシートの
操作だけでしたが、シートを指定して
操作できるようになります。

なので、自由自在にシート間で
値のやり取りをできるようになるのです。

逆に、知らないと、
今開いているシートの操作しか
できないので、いつまで経っても

所詮「井の中の蛙」です。

ぜひ、縦横無尽に
ダイナミックにシートの枠組みに
囚われずにGASってください。

そして、

 

こんな感じで
サクッと答えてあげてください。

シートを特定して操作するには

特定のシートを操作するのは簡単です。
単にシート名を入力すればいいだけです。

 

【GAS基礎講座 3 】スプレッドシート シート間における値のやり取り

マインドセットします。

マインドセット
シートを指定することでGASの幅が大きく広がる

今回は、とてもコスパのいい
ノウハウです。

単にシートを指定できるように
なるだけで、大きく世界が広がります。


 
では、今回のGoogleシートマスターへの究極の方法です。

Step1.
getSheetByName()を使って
シートオブジェクトを取得する

Step2.

getValue()してみる


Step3.

setValue()してみる

では、早速別シートの値を
取得してみてください。
今すぐです。

これで、GASの世界が
大きく広がりました。

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

GAS基礎講座一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました