Google日本語入力における最終的な設定とは(ブラインドタッチのその先)

Google日本語入力

Google日本語入力関連

ご訪問ありがとうございます。
Googleシートマスターのひろしです。

前回

わずか3日でブラインドタッチ(タッチタイプ)ができるようになる方法
Google日本語入力関連 ご訪問ありがとうございます。 Googleシートマスターのひろしです。 前回 今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。 これを知ることであなたは、 わずか3日...

今回は、日本語入力が爆速になる方法について
お伝えします。

これを知ることであなたは、
キーボード入力中に、ほとんどキーボードを
見る必要がなくなります。

マジで、強力な手法です。

逆に、知らないと

せっかくブラインドタッチをマスターしても
文字入力を間違えた時、
文字の変換中、
変換する範囲を変更したい時など、

どうしてもキーボードを見る必要が出てきます。

なぜならBack spaceキーをブラインドタッチで
押すのは、なかなか骨が折れる作業です。

しかも、変換中の矢印キーとなると
これは、ちょっとブラインドタッチでは
無理がありすぎます。

なので、今回の記事を読んで

例えば

タッチタイプで矢印キー押すのムズすぎる

変換中ならCtrl+KやCtrl+Lを使うといいよ

と答えてあげてください。

Google日本語入力の設定

Step 1.
①Windows右下の「あ」を右クリックします。
②「プロパティ」をクリックします。

Step2.
①「一般」ー「キー設定の選択」で「ATOK」を選択します。
②「OK」をクリックします。

これで「ATOK」のデフォルトと同じキー設定になります。

変換中のショートカットキー

実は、日本語入力の変換中には、
別のショートカットキーで動作できるのです。

代表的なキーは以下のとおりです。(ベースはATOKのキーアサイン)

BSキー:Ctrl+H
変換中に、入力ミスした場合は、Ctrl+Hを入力することで
BSキーと同じ動きをします。

他にも

Ctrl+U ひらがな変換
Ctrl+I カタカナ変換
Ctrl+o 半角変換
Ctrl+p 全角英字変換

Ctrl+k 選択範囲を縮める([←]と同じ)
Ctrl+l 選択範囲を長くする([→]と同じ)

があります。

これらを使いこなすことで
新しい世界が広がります。

日本語の入力というのは、一回で変換できないことが多いので、
カーソル位置を移動させる必要があります。

そして、単語をカタカナやひらがなに変換する。
あるいは、アルファベットに変換する。

といったことも全て、ショートカットキーで
実現されます。

いっぱいあって、覚えるのが大変そうですが、
実際は、Ctrlキーを押しながら、右手の指を
ごちゃごちゃ動かすだけで、なんとかなります。

とくにBSキーや、矢印キーの押しづらい、
ノートパソコンの時にとても威力を発揮します。

 

でも、Ctrlキー押しにくい

 

てか、Ctrlキーが押しにくい

はい、そう言われるのを待ってました。

実は、その対策があるのです。

それは、

CtrlキーとCapsキーを入れ替えるのです。

なんとワンクリックでできます。

つづきは↓

CtrlキーをCapsキーに割り当てることで日本語入力が爆速になる方法
Google日本語入力関連 ご訪問ありがとうございます。 Googleシートマスターのひろしです。 前回 今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。 これを知ることであなたは、 キーボードを見ることなくCtrlキーが...

 

Google日本語入力関連

コメント

タイトルとURLをコピーしました