初心者がいきなりQUERY関数 完全攻略

QUERY

ご訪問ありがとうございます。

スプレッドシートマスターのひろしです。

前回⇒

今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。

これを知ることであなたは、

例え、スプレッドシートの初心者であっても
いきなり、QUERY関数が完全攻略できます。

ようするに、INDEX関数やMATCH関数、
FILER関数、SORT関数、UNIQUE関数など
さらにはVLOOKUP関数など知らなくても

データの抽出や並べ替え、曖昧な検索が
自由自在に行えるようになります。

 


逆に、QUERY関数を知らないと。
ただ、いたずらに時間だけ浪費し
うんうん唸りながら、VLOOKUP関数を
覚える羽目になります。

確かに、他の人がVLOOKUP関数を
使用している場合に、その仕組を理解するために
VLOOKUP関数知ることは必要です。

でもそれは、QUERY関数をやってからだと
簡単に理解できるようになります。

なぜならデータ抽出の基本が理解できているからです。

ようするに、とにかくQUERY関数さえ
抑えておけば、スプレッドシートにおける
データ処理は完璧なのです。

 

基本の基本

すべてのデータを抽出

QUERY(範囲)

QUERY(範囲,”select *”)

あとは、select 〇〇を理解するだけ

Googleスプレッドシートの初心者がいきなりQUERY関数を完全攻略する方法

動画で使用したデータ→https://technical.verybestcbp.com/r2ca

マインドセットします。

マインドセット
QUERY関数を制するものはスプレッドシートを制する

ほんとうにQUERY関数というのは
素晴らしい関数です。

私が初めてQUERY関数を知ったとき、
これはやりすぎだと思いました。

なぜなら他の関数の機能をすべて凌駕して
しまうからです。

なので、まず最初にQUERY関数を
自分のものにしてください。

 

例えば、こんな使い方できます。

 

 

動画で使用したデータはコチラ→https://technical.verybestcbp.com/1bej

Googleスプレッドシート 大量のデータから候補となるデータを抽出する方法【QUERY】

 

 

 

では、今回のスプレッドシートマスターへの究極の方法です。

Step1.
=QUERYを入力する

Step2.

=QUERY(範囲)を入力し
範囲のデータが表示されることを
確認する。

Step3.

=QUERY(範囲,”select *”)を入力し
範囲のデータが表示されることを
確認する。

Step4.

=QUERY(範囲,”select 列”)を入力し
指定した列が表示されることを
確認する

では、早速=QUERYと入力してください
今すぐです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

つぎはこちら⇒

コメント

タイトルとURLをコピーしました