Googleフォームでいきなり返信メールを送れるようになる方法

この記事は2分で読めます

ご訪問ありがとうございます。

スプレッドシートマスターのひろしです。

前回⇒Googleフォームで自動返信メールを実装する方法【旧版】

今回は、とっても価値の高い方法をお伝えします。

これを知ることであなたは、

Google Formに登録があった際に、
自動的に、登録者に返信メールが
送れるようになります。

しかも、前回のようにメールの本文は、
スクリプト上ではなく、スプレッドシート上に
記載しています。

 

なので、簡単にメール本文が作成できます。

もちろん変更も自由自在です。

さらに、通知先メールアドレスの有無に
従って、アナタあてへのメールが届きます。

 

 

 

逆に、知らないと

ちょっと返信メールの本文を変更する際も
わざわざGASを開いて、ウンウン唸りながら
修正するはめになります。

 

なので必ず、今回の変更を取り入れてください。

 

 

Step1.

Google Formを作成する

 

Step2.

スクリプトエディタを開く

①[|]をクリックする
②[<>スクリプトエディタ]をクリックする

Step3.

以下のコードをコピペする

 

Step4.

「返信メールフォーマット」のシート
あなたのスプレッドシート内にコピペする。

(シート名を「返信メールフォーマット」に変更する)

 

Step5.

①コピーした「返信メールフォーマット」のURLのa.の部分をコピーし

以下の XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXxに貼り付ける

 

Step5.

以下の名称が一致しているか確認する

 

Step6.

トリガーを設定する

 

 

 

 

 

 

 

 

マインドセットします。

マインドセット
いちいちGASを開くやつはバカ

あなたが、GAS(Google Apps Script)が
好きで好きでたまらないのなら、
サクッとGASを変更すればいいでしょう。

とはいえ、多くの人は、GASを開くときに
ちょっと勇気がいると思います。

かくゆう私もその一人です。

がんばってGASを書いても、すぐ忘れて
しまうので、なるべくならコードは
見たくありません。

なので、今回は、Google Formの返信文を
変更する際に全くGASを触らなくても
いいようにしました。

また、GAS登録時もうまくやれば一箇所のみの
変更でOKです。

なので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

では、今回のスプレッドシートマスターへの究極の方法です。

Step1.
Google Formを作成する

Step2.

「返信メールフォーマット」のシート
あなたのスプレッドシート内にコピペする。

Step3.
スクリプトをコピペする

Step4.

IDを変更するStep5.
トリガーを設定する

では、早速 Google Fromを作成してください
今すぐです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

つぎはこちら⇒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Categories

open all | close all

表示数